備忘Log

備忘Logを運営している大学生です。ラーメン食べたり映画みたりお洒落したりのんびりすることが好きです。

出会い系アプリで知り合った女性とデートをした話。

スポンサーリンク

f:id:thieya_journal:20170622013114p:plain

出会いが無さすぎて遂にはネットに走ってしまった...

 

こんにちは、とみぃ(@Tommy7538)です。

 

ぼくは前まで興味本位でとある出会い系アプリをやっていました。 

 

出会い系アプリをやる理由として、大学に入学してから女性との付き合いが1回(高校卒業過ぎに付き合ってわずか2ヶ月で別れました)だけで、あまり女性との関わりが少なくなったことがきっかけです。

 

まぁ出会い系アプリってサクラがたくさんいるイメージがあるから、自分と趣味が合う人とかとメッセージを通じて実際に会えたらラッキーだなぁと当時は軽くそう思いました。

 

 

アプリについて

 

僕はイククル というアプリを使っていました。*18歳未満の方は登録NG

 

簡単にアプリの説明をすると、まずアプリをダウンロードして、最初に自分の住まいなどの自分の個人情報やプロフィールを入力して始めることができます。

 

最初は何十ポイント(はっきりは覚えていません)所持していて、また1日1回最初にログインをすると1ポイントがもらえます。

 

たくさんのユーザーが登録しているらしいです。地域別で検索したり、年齢で検索したりなど自分の好みに合わせて相手を選ぶことができます。

 

そして相手のプロフィールを閲覧したり、メッセージを送信する度にポイントが消費していくシステムになっていて、ポイントが無くなると課金しなければなりません。

 

少なくても1500円からの課金チケットがあって1番高くて数万円近いものもありました。

 

ぼくは、出会い系アプリにお金なんて1ミリも使いたくなかったので、パズドラやモンストでいうアプリのログインボーナスみたいなのでポイントを少しずつ貯めていました。

 

ターゲットを絞ることの大切さ

 

僕がまずターゲットにしない相手は

 

  •  明らかにモデル顔した相手(絶対ネットなどで拾った画像、そしてモデルみたいな可愛い人は出会い系なんてやらないだろうという勝手な予測)
  • プロフィールが長い相手(すごいテンプレ感がある)
  • 職業が保育士、医療系の相手(怪しい人はこのような職業が多かった。たまたまかもしれない。)
  • 顔が完璧に分かる相手(出会い系って知り合いにバレたらめちゃくちゃ恥ずかしい。これは絶対みんなそう思うのに、堂々と顔をアップしてる人って...?)

 

この上記に当てはまったら相手からメッセージが来ても相手にしない。スルーします。

 

変にやり取りをしてしまうとポイントが消費されるのでここは相手を見極めます。

 

メッセージのやり取り

 

ポイントが貯まってきたから何人かにメッセージしよう。とりあえずメッセージだけでも良いから誰かとやり取りしたかった僕は、高校を卒業したばかりの女の子、僕と同い年の女子大生、30代の人妻などにも計5人くらいの人にメッセージを送りました。笑 

 

結局返事が返ってきたのは、僕と同い年の女子大生だけでした。

 

と言っても、僕がメッセージをしたらすぐに返事が返ってきてしかも長文。

 

これは...

 

絶対テンプレだな。

 

明らかに数分間で何百字もの文字を打てるわけがない。

 

よってそこからスルーして女子大生とのやり取りは終了。

 

とある女性からメッセージが届いた

 

僕が使っていたアプリにはメッセージのやり取り機能だけではなく、日記の機能も付いていました。

 

日々の出来事などを書いて色んな人と共有することができるのです。

 

数日後、再びアプリにログイン。

 

その時は少し風邪気味だったのでそのことを日記に書きました。たぶん50文字ぐらいかな?すごく簡潔に書いて公開した気がする。

 

すると数日後。とある女性からメッセージが来たんです。誰でも見ることができるコメントからではなくて僕宛に直接メッセージが!!

 

内容は、体調のことを心配している内容が書いてあり、文の終わりにはなんと、LINEのIDが書かれていました。

 

僕はすごく悩みました。またいつものサクラアカウントではないのか、と。

 

悩みながら相手のプロフィールを見てみたら顔写真は無く、音楽を聴くことが好きなど僕と似ている趣味がありました。

 

これが最後のチャンスだと思ってそのLINEのIDを調べたら実在したアカウントでした。想像していたギャルの顔写真ではなく、多分飼っているペットの写真だと思う。

 

とりあえず本名は知られたくなかったので、LINEの名前を本名からニックネームに変えて友達登録をし、LINEを送りました。

 

そうしたらすぐ返信が返ってきました。

 

 何通かLINEのやり取りをした感じ、すごい良い人そうだった。サクラではなさそうだ。

 

相手のプロフィール(おおまかに)

  •  30代前半の女性
  • 一般企業で働いている
  • 喫煙者
  • フェスとかライブに行くことが好き
  • 今までの交際人数は6人とやや多め
  • 彼氏と別れて僕にコンタクトを取った模様

 

 顔写真は無いが、やり取りをしていて趣味も合うしすごく楽しい。

 

僕より10個ぐらい年上の人とLINEをしたことは、バイトのときにお世話になった社員の人や両親しかないのですごく不思議な感じ。

 

でも相手の女性に「気を遣わなくて大丈夫だしタメ語でいいよ!」と言われたので、女友達とやり取りをしている感覚でやり取りができた。非常に楽しい。

 

相手の女性の顔写真が公開された!

 

また数日が過ぎて久しぶりにアプリにログインした。すると、僕がやり取りしている女性のプロフィールに顔写真が載っていたのだ。

 

詳細を押してよ~く見てみると。。。

 

f:id:thieya_journal:20170610235247p:plain

めちゃくちゃ大人っぽいOLな感じで美人でした!(イメージ図)

 

しかも僕好みの茶髪ショート!(顔は半分しか映ってなかったけど)

 

その顔写真を見て色々な期待を膨らませながらLINEのやり取りを続けた。

 

そして何日間かやり取りを続けて、相手からのLINEの返事に...

 

「今度、空いてたら映画でも見ない?」

 

 ついにデートの約束が来たぁぁぁ!!

 

そして1週間後に映画デートの予定をたててその日のやり取りは終了。

 

にやにやしながらやり取りしてたなぁ。←キモッ

 

顔を見た瞬間、頭が真っ白になった

 

映画当日。期待と不安を膨らませながら電車に乗って待ち合わせの場所へ向かった。

 

平日だし学校の最寄りから20分くらいで行けてしまうぐらい近くの映画館なので「知り合いに合わないように....」と心がけていた。

 

相手は少し前に待ち合わせ場所に着いていたらしく、「改札出たところで待ってるね!格好はピンクのジャケットに膝くらいまでのパンツ履いてるよ。」と返事がきた。

 

僕は急いで行き、改札を出たらその格好らしき女性を発見した。

 

遠くで見た時、雰囲気は年齢の割に若い。お洒落だなぁと。

 

しかしここからが問題だった。

 

だんだん近くに行ってみると、、、

 

「ん??????」

 

「あれ??????」

 

「ふぁ!!!???」

 

 

プロフィール画像の顔と実際の顔が明らかに違うのだ。

 

僕が思ってたOLさんと違う。。。

 

 

f:id:thieya_journal:20170610235247p:plain

 

こんな顔じゃない。。。

 

山姥(やまんば)に似てた。。。泣

 

f:id:thieya_journal:20170610234640p:plain

 

ここで分かった瞬間、早く逃げ出したいと思った。(本音)

 

しかし目が合ってしまい自分の服装も相手に伝えていたので気づかれてしまった。

 

 

もしかして、とみぃさんですか?

 

あっあっ。は、はじめまして。。。

 

 画像加工を全部取ってもこんな顔じゃないよ。。絶対違うよぉ。ここから現実逃亡モード突入。

 

とりあえず2人で映画館に向かった。

 

知り合いにもし会ったらなんて言おう。そればかり考えて歩いていた。

 

 

とみぃさんやっぱ若くてさわやかだねぇ!

 

○○さんも年齢の割に若く見えますね!(山姥に似てるなんて言えねぇ)

 

映画館に到着

 

夕方の時間帯だったのでけっこう人がいました。

 

「モアナと伝説の海」を観ましたよ。

 

f:id:thieya_journal:20170611185551j:plain

 

まぁ内容は長くなるんで書きませんが、僕なりにとても満足感のある内容でした。面白かったです。

  

映画が終わって、僕は早く山姥と解散したかった。

 

しかしそんな上手くはいかなかった。

 

映画からの!?

映画が終わり僕は早く帰りたかった←本心

 

しかし

 

 

近くに居酒屋あるねっ♪行こっか♪

 

ポップコーン食べ過ぎてお腹いっぱいですぅ。(大嘘)

 

少しぐらいお腹に入るでしょ!?

 

あっ、そ、そうですねぇ。泣

 
というわけで近くの居酒屋に行きました。

 

山姥が喫煙者だったので個室の部屋に。

 

f:id:thieya_journal:20170611182244j:plain

(山姥がトイレに行っているときにパシャリ。)

 

「お腹いっぱい」って言っときながらバクバク食べてたの怪しまれなかったかなぁ?

 

しかしお酒が進むと陽気になって話もスムーズに進むなぁ。でもけっこう僕が聞き手になっていることが多かった。

 

さらにお酒も進み、下ネタトークまで発展した。

 

 

とみぃさんは性欲強いの~?

 

うーん、強いか弱いで言ったら強いかもしれないですねぇ。

 

えぇ!意外だねぇ♪

 

ははは(愛想笑い)

 

これ以上書くと内容がゲスくなるので書きませんが。笑

 

楽しい時間を過ごしました。

 

そして会計を済ませ居酒屋を出て2人で駅の方へ向かった。

 

よし、カエロウ。

 

そしてここでさらに問題が発生。

 

 

 

帰るの面倒くさいなぁ。今日どっか泊まってかない?

 

えっえっ!?

 

 

あれ、ラブホテル行ったこと無いんだよね?いいの行かなくて?

 

行ったことないですけど、初対面ですし今日はもう帰りましょう!

 

そこは断った。僕のプライドち〇ち〇が許してくれなかった。(謎)

 

そして駅に着き「今日はありがとうございました。」と言葉を残して解散し終了。

 

まとめ

 

顔は別として、お話自体は楽しかったです。10つくらい上の方と話す機会はほぼ無かったですし、色々これ以上にない経験をしました。

 

そして改めて思ったのは、出会い系ってほんとに出会えるんだなぁと。

 

確かにサクラは数えきれないぐらいたくさんいますが、純粋に出会いを求めている人もいるんだなぁと思いました。

 

そして山姥とずっと呼んで不快になった方、ごめんなさい。。

 

出会い系アプリやサイトをもし利用することになったら、お互いの顔をちゃんと知ってから会うことをおすすめします。

 

ぼくの時はその女性の顔が好みではないものの、趣味は合うし話も楽しかったのでまだ良かったです。

 

全く顔が別人だったらおかしいですし、悲しいですもんね。

 

期待するもんじゃありませんね。

 

 簡単にまとめると

  • イククル でリアルに会えた。
  • でも少なからず業者(サクラ)はいる。
  • 会う前にお互いの顔を知った方が良い。

 

 

 

 

 

f:id:thieya_journal:20170611182404p:plain

 

もう彼女と連絡を取ることはなかったという...完